NPO法人 メルヘンこども園とは

 NPO法人メルヘンこども園は『シュタイナーようちえんメルヘンこども園』という自主運営の幼児教育施設を運営しています。

 

 当園は1996年9月に「自立した大人になるための土台つくりの幼児教育」であるシュタイナー教育を実践する自主保育の園として民家で立ち上がりました。2001年に園舎を西岐波に移転して今年で22年目になります。

 園の経営形態は父母が中心となって運営を担い、専門性の高い教師を雇い、シュタイナー幼児教育を行うという形で行われております。(当園は幼児教育・保育の無償化対象の認可外保育施設です)れまでに在園した園児は90名近くで、自己肯定感の強い、心身共に健康な大人へと成長しています。

 

 また、子育て支援活動として、毎年一般公開講座を開催し、子育て知識の普及啓発を図る活動や未就園児の会(こひつじの会)等、子育て中の親が活発に交流や情報交換等を行える場を提供しています。

 

 この活動を広く普及啓発していくため、2017年11月 「NPO法人 メルヘンこども園」となりました。

 

 また、働くお母さんたちの育児支援として2019年9月にシュタイナー保育園メルヘンのいずみを隣接地に開園しました。

  NPO法人メルヘンこども園は自主運営の「シュタイナーようちえん メルヘンこども園」(認可外保育施設)と日立建設株式会社の委託事業として企業主導型保育事業の保育園「メルヘンのいずみ保育園」をそれぞれ運営いたします。